インプラント

インプラントって何?

インプラントとは、人口の歯の根を埋め込んで歯を作る治療法です。

インプラント イメージ図

インプラントとは、顎骨の中に直接金属製(チタン)の人口の歯の根を埋め込んで歯を作る治療法です。

1965年にスウェーデンの学者で応用生体工学研究所所長のペル・イングヴァール・ブローネマルク教授が開発したチタン製のインプラントがおどろくべき成果をあげ、最初に治療を受けた患者様は現在も安定した状態で使われています。これはチタンが骨と結合するという特質をもっていたからです。

この特質がある限りチタンがインプラントの主流であることは永遠だと考えられます。現在では、チタンの表面に、ハイドロキシアパタイトという歯や骨と同じ成分のものがコーティングされているものも多数開発されております。ハイドロキシアパタイトのコーティングにより、骨とインプラントがよりがっちりと結合します。当院でもこのタイプのインプラントを使用しています。

ページの先頭へ

インプラントの構造

インプラントは「フィクスチャー」「アバットメント」「上部構造」の3つのパーツから構成されています。それぞれは互いにネジなどで連結されます。

フィクスチャーはあごの骨と結合して歯根の役目を果たすチタン製の部品で、ネジのような形をしています。直径が約4ミリ、長さ約1センチのものです。顎の骨にそのフィクスチャーを埋め込みます。その状態で下顎なら1~2ヶ月、上顎なら4~5ヶ月待ちます。そして、しっかりと骨と結合してから、フィクスチャーに「アバットメント」をネジで固定します。アバットメントは上部構造を直接支える人工歯根の一部です。そして型どりをして上部構造である「歯」を固定します。

ページの先頭へ

インプラントの利点

  1. ご自分の歯と同じようにしっかりとかむことができます。
    お好きなものを何でも召し上がってください!
  2. 隣の歯を削らなくても良いので周りの歯に優しい方法です。
    見た目にも周りの歯ととてもきれいに調和します。
  3. ほかの歯に負担がかからないのでご自分の歯も長持ちします。
    ご自分の歯でできるだけ長くという、予防歯科の観点からも、お勧めできる治療法です。
  4. 取り外しの必要がないですし、今まで義歯を使われていた方も義歯から開放されます!
    (義歯を併用する方法もあります)
  5. 見た目や歯磨きが本当の歯と同じようにできるので、ストレスが減り、自分に自身が持てます!
ページの先頭へ

インプラント以外の方法との比較

ブリッジ
抜けた歯にかかる力まで支えの歯に負担がかかる

  • 支えの歯の寿命は短くなってしまいます
    • 支えの歯を削る必要がある
    • 隙間ができることがあり、物が詰まりやすい
入れ歯
違和感が強く、食べ物の味が分かりにくい

  • 違和感が強く、食べ物の味が分かりにくい
    • バネをかける歯に負担が大きくかかる
      (バネをかける歯の寿命は短くなってしまいます)
    • 歯茎との間に物が詰まりやすく、食事の度に外して洗わなくてはならない
    • 硬いものが噛みにくい
 

ページの先頭へ

インプラント治療の流れ

ご相談・カウンセリング

現在の状況の把握や患者様の疑問など、どんなささいな事でも回答させていただいております。まずは納得のいく説明や不安解消に時間をしっかりかけることが当院では最も重要だと考えております。お気軽にご相談ください。

診査と治療計画のご説明

診査と治療計画のご案内

失われた歯の数、インプラントを埋め込む骨の硬さ、大きさ、位置など総合的に検討した上で、治療計画を立てます。(診査にはCT撮影などが必要な場合があります)

インプラントサロン京都では、インプラント治療をご予定の場合、インプラントの周りの骨を出来るだけ残す為に、
ソケットプリザーベーション(※1)という特別な抜歯の方法を行っております。また、PRP法(※2)を併用いたしますので採血が必要となります。PRP法を利用すると、より治癒反応がよく、治癒を促進するため、骨造成の時間を短縮することが出来ます。また患者様自身の血液を使用するので、安全性が高く安定しています。
そして、抜歯をしてから2~3ヶ月後に一次手術を行います。

※1 ソケットプリザーベーション 抜歯後、周囲の骨が減らない様にする処置
※2 PRP法 Platelet Rich Plasma(多血小板血漿) 血液を遠心分離にかけ、血液中の血小板を濃縮した血漿

一次手術

診査と治療計画のご案内

あごの骨にインプラントを埋め込みます。局所麻酔(虫歯のときに使用する麻酔です)をしますので、痛みはありません。また、痛みや感染を予防する為にPRP法を行っていますので、採血を当日行います。

治療期間

一次手術後、3~6ヶ月の治癒期間をおくことで、インプラントと骨が強い力が結合します。

※期間は、埋め込み場所や支えとなる骨の状態により異なります。

二次手術

歯茎を開いて人工の歯を取り付ける準備をします。この状態で、歯茎が治るまで1~6週間おきます。

※手術の手法や、歯茎の厚みによっては二次手術が必要ない場合があります。)

人口の歯を作成・装着

人口の歯を作成・装着

歯茎が治った時点で型を取り、人工の歯を作製します。形や色などは患者様に合わせて作製しインプラントに取り付けます。被せ物の種類は複数ありますのでご相談ください。

完了及びメンテナンス

完了及びメンテナンス

インプラントが完了したからと言って安心は禁物です。インプラントは天然の歯にとても近い構造をしていますが、いくつかの注意点があります。

◆日々の清掃について
固定式なので、取り外しての清掃は必要ありません。
市販の歯ブラシと歯磨き粉を使ったブラッシングで十分ですが、歯と歯肉の境目は歯周ポケットができやすく、汚れもたまりやすいので歯と歯肉の境目のブラッシングは念入り行ってください!
歯周病や虫歯により天然歯を失ってしまった方は、普段のお手入れが不十分だったり、ブラッシングしていても磨けていない部分があります。自己流のケアではなく、正しいブラッシング方法と食後のブラッシングの習慣を身につけることが大切です。分からない方はお気軽にお聞きくださいね。

◆インプラント周囲炎について
インプラントは天然の歯に比べて歯周ポケットがやや大きいので、プラークコントロールがきちんと行われていないとインプラント周囲炎を起こすことがあります。
インプラント周囲炎とは、歯周病(歯槽膿漏)に似た症状で、進行すると歯槽骨が吸収されていきます。歯周病と同様に痛みや腫れなどの自覚症状がないので、定期検診により早期発見をすることが重要です。

ページの先頭へ

インプラントの治療期間

治療期間はインプラントの材質にも関係があります。

骨とインプラント体が結合する場合インプラント体の表面の微妙な凹凸の差やインプラント表面の材質が結合までの期間に影響するのです。

一番骨との相性がいいのはチタン表面にハイドロキシアパタイトと呼ばれる骨や歯を構成する成分がコーティングされたHAコーティングインプラントで治療期間は下あごの場合1~2ヶ月で可能です。上あごでは4~5ヶ月かかります。当院でもこのタイプのインプラントを使用しております。

インプラントは国内外の多数のメーカー、種類がありますので、違う材質のインプラントもたくさんあります。インプラントサロン京都では、より良い、確実な結果を求めて、最良のインプラントを患者様に提供しております。

治療期間は、骨の硬さや厚みにも関係があります。

上顎の骨は基本的に柔らかく下顎の骨は硬い傾向にあります。また年令や歯を抜いてからの経過年数により質は変化します。
骨の硬さは1~4度にまで分類され骨の元々の堅さや骨の厚みや高さと言った形状により治療期間は左右されます。
インプラントの直径はだいたい3~5mmなのでその太さより2mmぐらい多めの骨の厚みがあり骨の高さとしては神経や血管がない部位を除いて10mm以上あれば全く問題なくインプラントの植え込みができます。このような普通の骨なら2~4ヶ月あれば治療はすべて完了します。
また、骨に厚みや高さが不足しているような場合はソケットリフト、サイナスリフト、GBR法、ベニアグラフト法、過骨延長法、などのテクニックを併用して増骨するので治療期間は4ヶ月から場合によっては12ヶ月ほどかかる場合があります。

抜歯をした後は?
抜歯をしてだいたい6ヶ月経過すれば完全に歯を抜いた傷口は消えてわからなくなります。現在は抜歯と同時にインプラントを植立する即時埋入法が盛んに行われていますので6ヶ月待つ必要はほとんどありません。だいたいのケースが抜歯をしてから1~2ヶ月後にはインプラントの植立が可能となります。

即時付加方法?
即時付加法とは、インプラントを埋め込んですぐに仮歯を入れて力をかける方法です。
とても画期的な方法で、現在学会などでもさかんに研究結果が発表されていますが、どのような方にもできる方法では残念ながらありません。
インプラントを埋め込む条件(骨の厚みや硬さ)が整っていて、健康状態も良く、喫煙や飲酒をしていらっしゃらない方。そのような患者様にはこの方法を用いることができます。しかし、リスクがかなり高まりますので、何かご事情がある場合を除いて、最低でも1ヶ月はお待ちいただくようにお願いしております。

ページの先頭へ

ご予約・お問合わせ

インプラントカウンセリング | 無料相談

患者様のインプラント・歯に関しての質問について、無料でご相談をお受けしています!
お気軽にどうぞ!

メールで相談する

最先端のCT完備

最先端のCT完備

インプラントサロン京都では最先端の歯科用CTを導入しています。この歯科用CTは、数ある歯科用CTの中でも特に本格派のCTで多機能・高性能です!

詳細ページへ
アクセス
診察時間のご案内

ご予約・お問合わせ

あなたやあなたの子供達の美しい笑顔を私達はサポートしたいのです。

院長紹介 治療方針

 

Osseointegration studyclub of Japan

ごう歯科クリニック