院長紹介

院長経歴

写真

1988年 栃木県立宇都宮女子校卒業
1994年 奥羽大学歯学部卒業
1994年~ 自治医科大学付属病院歯科口腔外科勤務
1996年~ 大田原日本赤十字病院勤務
1998年~ おおくぼ歯科医院勤務
2001年 おおくぼ歯科クリニック開院
サロン・ド・ブラン(インプラントサロン京都)開院
(おおくぼ歯科クリニック内)

*ICOI(国際インプラント学会)認定医
*IPOI(近未来オステオインプラント学会)認定医
*POIインプラント認定
*3iインプラント認定
*ノーベルバイオケアインプラント研修認定
*ゴアテックス歯周組織再生認定

研修
アメリカ ロサンゼルス
WILSHIRE PARK DENTAL INSTITUTE にてインプラント研修
韓国 慶北大学にてマイクロインプラント研修
東京SJCDベーシック1年コース修了
IPOIインプラントマスター4ヶ月コース修了
SHilla System 咬合6ヶ月コース修了
JPGC 10ヶ月コース修了
Tip Edge 矯正テクニック修了
デーモンシステム矯正テクニック研修
Dr.Nasser Bargh による審美歯科コース
ダイレクトボンディングテクニック、ラミネートベニアテクニック修了

所属学会
*ICOI国際インプラント学会
*IPOI近未来オステオインプラント学会
*顎咬合学会

所属スタディーグループ
*WDC女性歯科医師の会
*日本ヘルスケア

修了書

ページの先頭へ

院長紹介

院長:大久保恵子

インプラントサロン京都へようこそ

インプラントサロン京都の院長 大久保恵子です。私のミッションは

「歯科医療を通して女性を幸せにすること!」

今あなたはお口の中に悩みがあって、このページに来てくださったことでしょう。私もまだ大学へ入る前は、口の中のこと、歯のことで悩みや諦めの気持ちでとても不安でした。
というのも、私自身永久歯28本中23本を虫歯にしてしまい、虫歯の無いきれいな歯はたったの5本という状態だからです。虫歯の無いきれいな歯、白い歯、あこがれますよね。

もう、どうにも取り戻すことのできないものですが、せめて、どうしたら新たに虫歯にならないですむのか、その方法が知りたくて歯科医師になる道を選びました。

ところが、歯科大学に入り、専門課程を学んでいっても、虫歯の構造、歯周病の仕組み、そしてその治療法、そこまでは勉強するのですが、虫歯や歯周病にならなくてすむ方法はなかなか教えてくれません。
そうこうしているうちに、あら、卒業しちゃった?

「予防」に関して学んだことは、「フッ素で虫歯予防ができる」というくらいのものです。

おかしい。なんだこれは?

学生だった私は正直がっかりしました。
「虫歯にならない方法なんて無いんだ」
「虫歯になるならないは、ラッキー、アンラッキーくらいのものなんだ」
だって、私と他の人(虫歯があまり無い人)の歯磨きがそんなに違っているとは思えなかったからです。

そして、
「なぜ、私ばかり虫歯になるのか」
 -確かに子供のころから歯磨きはあまりしていませんでしたが

「虫歯にならない、虫歯を作らない方法があるに違いない」
「私以外の人(子供)はそれほどまじめに歯ブラシをしていたのか?」
 -確かに私は不真面目でしたが

このような疑問は、まったく解明できずに卒業してしまったのです。
(もちろん、歯磨きの仕方はとてもうまくなりましたが)

ページの先頭へ

予防歯科

そんな私が、卒業後しばらくして出会ったのが、「予防歯科」という考えです。

予防の大家といわれる、スウェーデン・マルメ大学のアクセルソン教授の講演を聴き、北欧では当たり前のように取り入れられている予防という考えに、大きな衝撃を受けました。

北欧を始めとし、先進諸国ではすでに一般的な考え方でしたが、日本で根づいてきたのは残念ながらまだまだ最近です。そして、この「予防歯科」と同じくらい私が衝撃を受けたもの、それが、「インプラント」でした。

なんせ子供のときから虫歯の多い私。周りの大人たちは年をとると「入れ歯」というものをはめている。私もいつか「入れ歯になる日がくるのか・・・」そんな恐怖心がいつも心の片隅にありました。

ですから、「インプラント」という方法があって、見た目も噛み心地も、自分の歯のようだ。そう聞いたときは、「これだ!!!」っと、当時はまだ、半信半疑の気持ちもありましたが、とにかく、これを勉強しよう!そう、決意したのです。

そして、卒後、自治医科大学の口腔外科に入局しました。入局後は、口腔外科の基本的な手技である親知らずの抜歯から小手術、病棟での全身管理、そして、口腔癌や骨折の手術に立ち会ったり、が、日常でした。大学病院でも、私の場合は、実験や論文などはほとんどせず、日々臨床、毎日患者様の診察をさせていただけたのが、今とてもありがたく感じています。

病棟で、来る日も来る日も朝晩20人前後の方の採血をさせていただき、中には、血管がまったく見えない方、小学生でとても血管が細い子など、本当に苦労をした方もいらして、本当によい経験をさせていただくことが出来ました。

このように、外科の基本を学んだ経験が、現在のインプラント治療にとても役立っています。
そして、インプラントの基本手技、アドバンスを学び、国際インプラント学会の認定医を取得し、現在、インプラント専門医として日々インプラント治療に励んでおります。

現在では、他の医院で骨が無いという理由でインプラントをお断りされた方でも、治療を受けていただいています。

すべての原点は「虫歯だらけだった自分の口の中」にあります。(もし、私が歯科医師になっていなければ、今頃私の口の中はどうなっていたのでしょう?)

ですから、
私だからできる治療、私にしかできない治療、があります。


そして、私のもうひとつの思いが、「女性の力になりたい」ということです。
(子供のころからなぜかしらそう思っていました。)

  • 「男の先生の前では恥ずかしくて口が開けられない」

    その気持ち、とてもよく分かります。

  • 「見た目にもっとこだわりたいんだけど、イマイチ伝わらない」

    センスも重要です。

  • 「とにかくきれいにしたいのよ!見た目よ!見た目!」

    男性は機能を重視しますよね。

  • すべての原点は「虫歯だらけだった自分の口の中」

私と同じ思いをされているあなた、恐怖心を抱えているあなた、
あなたの力になりたいのです。

ページの先頭へ

ご予約・お問合わせ

インプラントカウンセリング | 無料相談

患者様のインプラント・歯に関しての質問について、無料でご相談をお受けしています!
お気軽にどうぞ!

メールで相談する

最先端のCT完備

最先端のCT完備

インプラントサロン京都では最先端の歯科用CTを導入しています。この歯科用CTは、数ある歯科用CTの中でも特に本格派のCTで多機能・高性能です!

詳細ページへ
アクセス
診察時間のご案内

ご予約・お問合わせ

あなたやあなたの子供達の美しい笑顔を私達はサポートしたいのです。

院長紹介 治療方針

 

Osseointegration studyclub of Japan

ごう歯科クリニック